★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

映画007シリーズ第24作
スペクター 2015年 イギリス
監督:サム・メンデス
主演:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レイフ・ファインズ
ボンドガール:レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ、ステファニー・シグマン



(あらすじ)
メキシコシティ「死者の日」の祭りの最中に起こした件で、
ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)はすべての任務から外される。
しかしボンドは、マネーペニー(ナオミ・ハリス)や、Q(ベン・ウィショー)の
協力を得ながら悪の組織「スペクター」の核心へ迫っていく。



ボンドの生家スカイフォールにあった遺留品を自宅に届けに来てくれた
マネーペニーに、ボンドはお酒を勧めるが、「すぐに帰るから」と。

ボンドの部屋は素敵な部屋なんだけど、どこかガラーンとしていて、
絵は床置きで、カーテンもなく、ダンボール箱がいくつかあって・・・

マネーペニーに「引っ越したばかり?」なんて言われてたけど
引っ越してきたばかりではないらしい。

ボンドは英国伝統の革ソファに座り、サイドテーブル代わりのように積まれた
本の上にグラスを置いてスコッチを飲んでいる。

スコッチは、「ザ・マッカラン18年」

----------

モロッコ・タンジールのホテルの部屋に入ったボンドとマドレーヌ(レア・セドゥ)

ボンドは部屋中を荒らして手掛りを探し始め、
マドレーヌはヒールを脱いで床に座り、ベッドにもたれて赤ワインを飲んでいる。

探し求めていた物は見つからなかったが、酒瓶が1本出てきて、
「旨い酒だ」と、美味しそうにラッパ飲みするボンド。

それはボトルのフォルムからして、ポーランド産のウォッカ
「ベルヴェデール(BELVEDERE)」でしょう。

疲れ切っていたのか酔ってしまったマーガレットをベッドに寝かせ、
ボンドはソファでハイネケンの瓶ビールを飲みながら眠った。

----------

モロッコの砂漠の真ん中へ向かうため列車に乗った2人。

白のディナージャケットを着て食堂車で待つボンドの元へ現れたのは、
アストンマーティンのような輝きのドレスを着たマーガレット。

マーガレットがオーダーしたアペリティフは、
「ウォッカ・マティーニを、ダーティーで」 ボンドも同じものを。

運ばれてきたダーティー・ウォッカ・マティーニには、
カクテルピンに刺した3つのオリーブが添えられている。

さらに、「仰る通りちゃんとシェイクしましたよ」という声が聞こえてきそうな
シェイカーまでもが添えられてるぅ~


マティーニはジンとヴェルモットのカクテルで、
ジンをウォッカに代えたのがウォッカ・マティーニ。

マティーニにオリーブの漬け汁を加えたものが、ダーティー・マティーニ。


他のテーブルには「シャトー・アンジェリュス」の姿も。

アンジェリュスは「007 カジノロワイヤル」で、
ボンドとヴェスパーが出逢った時に食堂車で飲んでいた赤ワイン。

ちなみにその時のアンジェリュスは1982年物で、今作は2005年物。


写真は、ボンドがアストンマーティン・DB10でローマ入りした時に見えたコロッセオ。

コロッセオ

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドになってからの4作品は
すべて繋がりがあってかなり傑作だと思います。 

この映画の冒頭のお祭りの最中メキシコシティの高い建物の上を歩くシーンは、
本人、ダニエル・クレイグが実際に歩いてるそうですよ。 

涼しい顔して颯爽と歩いてるけど、つまずいたらどうすんの?

建物と建物の隙間をまたぐシーンなんて、ひゃぁ~~


007映画シリーズ25作目となる最新作も、ダニエル・クレイグが出演する
可能性が高いと、ナオミ・ハリスがインタビューに答えてるそうです。

さて、どうなるのかなぁ・・・

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2017.03.26
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1353-c275c902