★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
映画007シリーズ第10作
私を愛したスパイ 1977年 イギリス/アメリカ
監督:ルイス・ギルバート 原作:イアン・フレミング(小説第9作)
主演:ロジャー・ムーア、クルト・ユルゲンス、バ-ナード・リー
ボンドガール:バーバラ・バック、キャロライン・マンロー



(あらすじ)
核ミサイルを搭載したイギリス潜水艦とソ連潜水艦が突如消息を絶った。
調査を命じられたジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、
エジプト・カイロへ飛び、同じ調査目的でソ連から来た女性スパイ
アニヤ・アマソワ(バーバラ・バック)と共同で任務を遂行する。



ドレスアップしたアニヤとクラブで再会したボンドは、お酒に誘う。

「レディにはバカルディのオンザロックを」とボンドがオーダーすると、
「殿方にはマティーニよ、ステアじゃなくシェイクしてね」

ボンドのことを調査済みのアニヤはこう続ける・・・

「ジェームス・ボンド中佐、帝国海軍からイギリス情報部へ転属、
 幾多の事件で許可証を使用した男、女性の友人は多数、
 結婚の経験は一度、奥方は・・・」

その話にデリケートなボンドは「その辺でいい」と遮った。

結婚してすぐ、愛する人を殺されてしまったので・・・



----------

イタリア・サルデーニャ島の海底にある海運王ストロンバーグの要塞から、
脱出ポッドで脱出したボンドとアニヤ。

その円形の小さなポッドの内装は全体が真っ白なソファベッドで、
その周囲には小棚があり、電話や本、お酒やグラスなどが備え付けられている。

そしてなんとボトルが1本、シャンパンクーラーに冷やしてあった。

クーラーから取り出し、ボトルのラベルを見たボンドが、
「奴は善人だったんだなぁ、52年物のドン・ペリニヨンを愛していたとはね」

躊躇なく栓のワイヤーを緩めていくボンド。

自分のじゃないのにねw

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2017.03.12
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1348-cf0a95aa
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。