★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

映画007シリーズ第17作
ゴールデンアイ 1995年 イギリス/アメリカ
監督:マーティン・キャンベル
主演:ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーン、ジュディ・デンチ
ボンドガール:イザベラ・スコルプコ、ファムケ・ヤンセン、セレナ・ゴードン



(あらすじ)
ソ連の化学兵器工場に006ことアレック(ショーン・ビーン)と共に潜入した
ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)だったがアレックが射殺されてしまう。
ボンドは工場を爆破し任務を達成した。 それから9年後・・・



ボンドが愛車のアストン・マーティン・DB5でドライブ中、
真っ赤なフェラーリを運転する謎の美女オナトップ(ファムケ・ヤンセン)が
カーチェイスを仕掛けてきたのでボンドも楽しんでいた。

しかし、ボンドの隣に座っていたキャロリーヌ(セレナ・ゴードン)は
カーチェイスに耐えられず「車をとめて」と騒ぎたてる。

車をとめたボンドがコンソールボックスを開けると、冷えたシャンパンとグラスが。

「あなたって救いようのない人なんだけど、憎めないから困っちゃう」
キャロリーヌはボンドにメロメロになってしまう。

シャンパンはボンドのお気に入り、「ボランジェ・ラ・グランダネ 1988年」で
ラ・グランダネは、葡萄の当たり年にだけ造られるという特別なもの。


その後、ボンドとオナトップはカジノで再会する。

ボンドが注文したお酒は「ウォッカ・マティーニを、シェイクで」

オナトップもボンドと同じ物を注文するが、
いつもはウォッカのストレートにレモンを絞って飲むのが好みらしい。

----------

新任のM(ジュディ・デンチ)はバーボン・ウイスキーが好きで、
ジャック・ダニエルを飲んでいる。

ジャック・ダニエル

ジャック・ダニエルは、バーボンの条件を満たしているのはもちろんのこと、
さらにテネシー・ウイスキーの条件も満たしている。

その条件というのは、テネシー州産であることと、
チャコール・メローイング製法(炭を使って濾過する)ということ。

つまりジャック・ダニエルは、広くはアメリカン・ウイスキーであり、
バーボン・ウイスキーであり、テネシー・ウイスキーであるという特別な存在。

およそ150年前に誕生したジャック・ダニエルは、
アメリカで一番初めに登録された蒸留所。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2017.03.19
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1337-efde379c