★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

映画007シリーズ第22作
慰めの報酬 2008年 イギリス/アメリカ
監督:マーク・フォースター 原作:イアン・フレミング
主演:ダニエル・クレイグ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ
ボンドガール:オルガ・キュリレンコ、ジェマ・アータートン
※「007 カジノロワイヤル」の続編



(あらすじ)
愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、
彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、
ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)率いる悪の組織の陰謀を知る。



イタリアの港町タラモーネにあるマティス(ジャンカルロ・ジャンニーニ)の別荘に
やって来たボンドは青空の下、白ワインを飲みながらマティスに助けを求める。

南米に詳しいマティスに、ボリビアのラパスへ一緒に来てほしいと。

機内のBARで、ヴェスパーの写真と形見のペンダントを見つめながら
カクテルを飲んでいるボンド。

マティスが 「眠れないのか? 何を飲んでるんだ?」

ボンドはとぼけて、バーテンダーに 「これなんだった?」

「そちらはゴードン・ジン3、ウォッカ1、キナ・リレ2分の1を、
 思いっきり冷たくなるまでシェイクし、レモンピールのスライスを
 添えたものです  ・・・6杯目です」

このカクテルの名は、ボンドが真剣に愛した女性の名前と同じ「ヴェスパー」

ヴェスパーを忘れることができないボンドを気遣って、
マティスは 「睡眠薬を飲んで眠ったらどうだ? 忘れる薬もあるぞ」

でも、ボンドは「いらない」と。

サン・マルコ広場

写真は、ヴェスパーと一緒に過ごしたヴェネツィアの部屋の窓から
ボンドが眺めていたサン・マルコ広場。


※ヴェスパー・マティーニを作る場合、「キナ・リレ」が現在生産されてないので、
代用品として「リレ・ブラン」などを使用するのが一般的。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2017.03.24
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1332-2078ef67