★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
RED 2010年 アメリカ

監督:ロベルト・シュヴェンケ
主演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン



(あらすじ)
元CIAトップエージェントのフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は、
年金で静かな引退生活を送っていた。
唯一の楽しみは、年金課の担当サラ・ロス(メアリー=ルイーズ・パーカー)と
電話で会話をすることだった。
ところがある夜、フランクの自宅が謎の襲撃を受けてしまい、
かつての仲間、ジョー・マシスン(モーガン・フリーマン)を訪ねる。
※タイトルはRetired Extremely Dangerous(引退した超危険人物)の略。



フランク(ブルース・ウィリス)とサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)は、
フロリダ州ペンサコーラに住むマーヴィン(ジョン・マルコビッチ)を訪ねた。

そこで3人で飲んだのは、フロリダのビール、キーウエスト(KEY WEST)


その後ロシア大使館で、イヴァン・シモノフ(ブライアン・コックス)に会い、
昔話をしながらウォッカで乾杯する。

赤い蝋で封された四角い瓶のウォッカは、
ジュエル・オブ・ロシア・クラシック (Jewel Of Russia Vodka)

追悼の献杯で飲んだのは、同じくジュエル・オブ・ロシア・クラシックの黒。


フランクが銃で撃たれた後に向かったのは、
ヴァージニア州チェサピークにあるペンション・ワシの巣。

今はパンを焼いたり花を活けたりと穏やかに暮らしているエレガントな女性、
ヴィクトリア(ヘレン・ミレン)だが、実は元MI6の名狙撃手で、殺しのプロ。

フランクの傷の手当てのため、ヴィクトリアが消毒に使ったのは
ソビエスキー・ウォッカ(Sovieski Vodka)

ソビエスキー・ウォッカ

ソビエスキー・ウォッカは、元バーテンダーのブルース・ウィリスのお気に入りの
ウォッカとして有名だから、消毒じゃなくて飲んでたのかもしれないけど。

あ、でも、撃たれてすぐお酒なんか飲んだらだめかな?

撃たれてすぐお酒飲んだことないからわからない。←撃たれたことはあるんかい!

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2016.01.20
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1317-b933db9f
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。