★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

バック・トゥ・ザ・フューチャー 1985年 アメリカ

監督、脚本:ロバート・ゼメキス
脚本、製作:ボブ・ゲイル
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
主演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド



(あらすじ)
1985年、カリフォルニア州ヒル・バレーに住む高校生
マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、
親友の科学者ドク(クリストファー・ロイド)が開発したタイム・マシーンの実験中、
30年前の1955年にタイム・スリップしてしまう。



マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が30年前の過去へ
タイムスリップする前の夕食時、母親(リー・トンプソン)が飲んでいたお酒は・・・

ポポフウォッカ(POPOV WODKA)のロック。

黄色いお花の絵が描かれているグラスに氷を入れ、
おかわりのポポフウォッカを自分で注いで。

食卓には、バド・ライト(BUD LIGHT)の缶ビールが置いてあり、
たぶんそれも母親が飲んだと思われる。

なにしろこの母親は18歳の時、ポケット瓶のウイスキーを家から持ち出して
ラッパ飲みしてたほどなので。

ちなみに父親(クリスピン・グローヴァー)は、ミルク。

飴のようなカリっとした生地の中にピーナッツがたっぷり入ってる
ピーナッツブリットル(sophie mae peanut brittle)を食べながら。

そしてマーティは、ダイエットペプシ。



劇中、色々なタイプのミラービールがちょくちょく登場する。

ミラービール

マーティの家の冷蔵庫を勝手に開けて「ビールしかないのか」と言いながら
ビフが手にした缶ビールは、ミラーのライト(Miller Lite)

マーティが30年前の過去に行った時に、
マーティのおじいさんが飲んでたのは瓶のミラービール。

そして、タイムマシーンの燃料が最初はプルトニウムだったけど進化して、
生ゴミを燃料にしてタイムスリップできるようになった。

で、ゴミ箱に捨ててある生ゴミと一緒に、飲み残しのミラービールも
燃料タンクに投入。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.10.22
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1307-20c05a7c