★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

紅の豚 1992年 日本 ※スタジオジブリアニメ
監督、原作、脚本:宮崎駿
主題歌:加藤登紀子「さくらんぼの実る頃」
主演:マルコ・バゴット(通称ポルコ・ロッソ)、マダム・ジーナ



(あらすじ)
第一次大戦後のイタリア・アドリア海で賞金稼ぎの飛行艇乗りの豚が
活躍していたが、アメリカから来たスゴ腕の飛行艇乗りが一騎打ちを迫る。



ポルコはひと仕事を終え、ホテル・アドリアーノの船着き場に
赤塗りの「サボイアS.21試作戦闘飛行艇」を停めた。

サボイアS.21試作戦闘飛行艇

ジーナが唄うBARのカウンターで、バーテンダーに注文すると、
紫色の瓶に入った琥珀色のお酒がグラスに注がれる。

瓶の雰囲気はシェリー酒のような感じだけど、
コルク栓ではなくスクリューキャップなので、ウィスキーとかかな?

テーブル席で空賊達が飲む瓶には「ROYAL NAWK」と書かれている。

ジーナの唄が終わり、レストランへ移動して食事とともに飲んでいるのは
ワイングラスに注がれた透明なお酒「MINEO maoria」

お皿には白身魚(サーモン)のムニエルのクリームソースがけとニンジンのグラッセ。

MINEO(ミネオ)は、イタリアに実在するワイナリーで、
マルサラ酒やレモンチェッロなどがあるけど、この食事に合うのは白ワインかな。

ポルコの傍に座ったジーナのワイングラスにも、ポルコが静かに注いだ。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.12.26
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1263-e9e92319