★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

スカーフェイス 1983年 アメリカ
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:オリバー・ストーン
主演:アル・パチーノ、スティーブン・バウアー、ミシェル・ファイファー
※1932年アメリカ映画「暗黒街の顔役」をオリバー・ストーンが脚色



(あらすじ)
1980年、キューバから反カストロ主義者の政治犯が追放され、
トニー・モンタナ(アル・パチーノ)やマニー・リベラ(スティーブン・バウアー)
のような前科者も同じく船でマイアミへ追放された。
移民キャンプにいた彼らは殺人依頼を受け実行したことを皮切りに、
アメリカの裏社会でのし上がりマイアミの麻薬密売で権力と富を手にするが・・・



大広間の真ん中に設えた大理石の大きなお風呂でふわっふわの泡につかり
シャンパンと葉巻を吸いながらテレビを見ているトニー(アル・パチーノ)

金ピカのテレビ台の上にはお酒がズラリと並んでいる。

ジャック・ダニエル、ストリチナヤ・ウォッカ、スコッチのJ&Bなど・・・

プールサイドのパラソルの下で、エルヴィラ(ミシェル・ファイファー)に
プロポーズした時に飲んでたのもJ&B(ジャステリーニ&ブルックス)

J&B

トニーは成りあがり、お金で買える物はすべて手に入れたけど、
大切なものをすべて失ってしまう。

億万長者になったら自家用ヨットや自家用ゴルフコースが欲しいとか、
自分の名前の書いたジーンズを売りたいなどと夢を語り合っていたトニーとマニー。

そんなこと言って2人で笑ってた頃が一番幸せだったのかもしれない。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.12.23
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1258-95f56cc5