★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

八十日間世界一周 1956年 アメリカ
製作:マイケル・トッド
監督:マイケル・アンダーソン
原作:ジュール・ヴェルヌ
主演:デヴィッド・ニーブン、カンティンフラス、シャーリー・マクレーン



(あらすじ)
まだ飛行機のない時代、1872年のロンドン。
トランプカード「ホイスト」で遊んでいた紳士達が、
80日間で世界一周できるかどうかを賭けることになった。
できると言ったフォグ(デヴィッド・ニーブン)は、
新しく雇った召し使いのパスパトゥ(カンティンフラス)を連れて出発する。



パスパトゥ(カンティンフラス)は、フィックス(ロバート・ニュートン)に誘われて
香港の酒場に入った。

パスパトゥはレモン・スカッシュを頼もうとするのだが、
フィックスは「ホンコン・スニッカスニーを2杯くれ」と、店員に怪しいウインクをする。

ホンコン・スニッカスニーというのはどういう酒かとたずねると、
心が温まり、想いが湧き、世界が広がる、言わば酒の音楽だと言う。

ショットグラスに入った琥珀色の酒、ホンコン・スニッカスニーを
一口飲んだパスパトゥは、グルグル目を回して倒れてしまった。

原作ではポルト酒を飲んでも、ブランデーを何杯飲んでも倒れないので、
こっそり阿片を詰めたパイプをパスパトゥに吸わせてやっと倒した、と記されてる。

たったの一口で倒れるホンコン・スニッカスニー、やばそう・・・

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.12.15
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1243-d0d83766