★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
グレムリン 1984年 アメリカ ※SFブラック・ホラー・コメディ
監督:ジョー・ダンテ
主演:ザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ、ホイト・アクストン



(あらすじ)
クリスマスに、ビリー(ザック・ギャリガン)は発明家の父からとても不思議な生き物
モグワイをプレゼントされ、ギズモという名前をつけた。
モグワイを飼うには3つの大切な約束を守らなければいけない。
①.水に濡らさないこと
②.光を当てないこと
③.真夜中の12時を過ぎたら絶対に食べ物を与えないこと



ケイト・ベリンジャー(フィービー・ケイツ)が働く「ドリーのパブ」で、
ビリー(ザック・ギャリガン)は絵を描きながらビールを飲んでいた。

そのビールは、ジョージ・キリアン・アイリッシュ・レッド(George Killian's Irish Red)で、
アメリカではクアーズ(Coors)から出てるアイルランド生まれのビール。

そこへ、ビリーの上司ジェラルド(ジャッジ・ラインホルド)が来て
「ウォッカマティーニを、よくシェイクしてくれ」と注文する。

この時はまだ平穏なドリーのパブだったけど、グレムリン達が来てからは大荒れ。

グレムリンはビールやらウイスキーを飲みまくって暴れまくって・・・

でも1匹だけ、静かにジャック・ダニエルを飲んでるグレムリンがいた。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.12.07
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1228-3e381595
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。