★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
お熱いのがお好き 1959年 アメリカ
監督、製作:ビリー・ワイルダー 脚本:ビリー・ワイルダー/ I・A・L・ダイアモンド
主演:ジャック・レモン、トニー・カーティス、マリリン・モンロー



(あらすじ)
禁酒法時代のシカゴ。
聖バレンタインデーの虐殺を目撃してしまいマフィアに追われることになった
ベース奏者ジェリー(ジャック・レモン)とサックス奏者ジョー(トニー・カーティス)。
2人はシカゴから逃げ出すため女装し名前をそれぞれダフネ、ジョセフィンに
変えて女性楽団にもぐりこんだ。
そこで出会った楽団の歌手でウクレレ奏者のシュガー(マリリン・モンロー)に
恋をしてしまう。



女装したダフネ(ジャック・レモン)とジョセフィン(トニー・カーティス)は、
無事にフロリダのホテル(SEMINORE-RITZ HOTEL)に到着した

女装してることが誰にもバレてないのは良いが、2人は男性から愛されてしまう。

ジョセフィンはホテルの若いポーターに一目惚れされ、
「とっておきのジンがあるから夜勤の合間に一緒に飲もう」と誘われた。

ポーターのとっておきのジンというのが、ビーフィーター・ジン(BEEFEATER)

ビーフィーター・ジン

写真はビーフィーター・ジンのミニボトル(200ml)で、映画では真逆。

ポーターが嬉しそうに抱えてきたビーフィーター・ジンは、
2リットル以上もありそうなものすごく大きなボトル。

ビーフィーター・ジン・キングサイズ(1750ml)というのは見たことあって、
それよりももっともっと大きく感じたけど・・・

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.10.14
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1205-a1c553d8
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。