★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

卒業 1967年 アメリカ
監督:マイク・ニコルズ 原作:チャールズ・ウェッブ
曲:サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」「ミセス・ロビンソン」
主演:ダスティン・ホフマン、アン・バンクロフト、キャサリン・ロス



(あらすじ)
大学の卒業を機に帰郷したベンジャミン(ダスティン・ホフマン)は、
将来の不安などから心が晴れない。
両親主催の卒業パーティーで自宅へ来たミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)から
誘惑を受けて戸惑う。



「バーボンって言ってるやろ~!」
という、ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)の心の叫びが聞こえてきそう。

ロビンソンさんの豪邸にあるBARの酒棚にはたくさんのお酒が並び、
カウンターには2本、スコッチとバーボンが置かれている。

酒のボトルには、黒い木彫りのようなボトルカバーがされていて、
それぞれ、SCOTCHという名札と、BOURBONという名札を首からぶら下げてる。

で、ロビンソンさんは「どっち飲む?スコッチか?バーボンか?」と聞くので
ベンジャミンが「バーボン」と答えるのに、なぜかいつもスコッチを注がれてしまう。

挙句の果てに「きみはスコッチ党だったな」とか言われてるし・・・

大人って、話を聞いてないよねw

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.28
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1150-5646ca74