★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

ゴッド・ファーザー 1972年 アメリカ
監督、脚本:フランシス・フォード・コッポラ
原作、脚本:マリオ・ブーゾ
音楽:ニーノ・ロータ
主演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュヴァル



(あらすじ)
第二次世界大戦が終わった1945年、ヴィトー・コルレオーネをドンとする
ファミリーは、娘コニー(タリア・シャイア)の結婚祝賀宴が豪勢に催されていた。
ヴィトの息子は4人で、血の気の多い長男ソニー、気の弱い次男フレド、
戦争で活躍した大卒の三男マイケル。
そして、孤児だったがヴィトに拾われ息子同様に育てられた弁護士のトム。



ゴッドファーザーのドン、ヴィト・コルレオーネ(マーロン・ブランド)は、
助けを求めてきた友人の悩みには真剣に取り組んだ。

彼への報酬は「友情」、
そして畏敬の念を込めた「ドン」あるいは「ゴッドファーザー」という呼び名。

娘の結婚式の佳き日、子ども時代を一緒にイタリアで過ごしたナゾリーネが
頼み事を胸に会いに来た。

ドン・コルレオーネは彼を迎え入れ、ディ・ノビリのシガーと
イタリアのリキュール、黄色いストレガ(Strega)をすすめる。

もちろん、ゴッドファーザーは悩みを解決してくれるので、パン屋のナゾリーネは
感謝を込めて、大きくて美しいウエディングケーキをドンの娘に贈った。

ゴッド・ファーザー


                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.27
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1148-6012c934