★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

ゴッド・ファーザー partⅡ 1979年 アメリカ
監督、脚本:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:マリオ・プーゾ
主演:アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン



(あらすじ)
異なった時代の2つの物語が描かれている。
1つは前作「ゴッド・ファーザー」に続く1958年~1959年、
マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)がファミリーを守るために戦う姿。
もう1つは1901年~1941年、マイケルの父ヴィト・コルレオーネの在りし日。
幼い頃にニューヨークに渡り、コルレオーネ・ファミリーを築いていく
青年ヴィト(ロバート・デ・ニーロ)の物語。



キューバの首都ハバナに来たマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)と
兄のフレド(ジョン・カザール)は、オープンカフェでゆっくり話をした。

フレドはバナナ・ダイキリ、マイケルはクラブ・ソーダで。

バナナ・ダイキリは、カクテルグラスにフローズンバナナが盛り付けられており、
てっぺんにチェリーがのってる甘いカクテル。気弱なフレドに似合っている。

マイケルはフレドに、明日やって来る上院議員や政府関係者たちの接待を頼むと、
「俺の得意技だ」と引き受けてくれた。

フレドは、政府関係者たちに豪華なショーを見せ、地元のお酒のラムがベースの
カクテル、キューバ・リブレとピニャ・コラーダをすすめる。

マイケルは、ライムを飾ったキューバ・リブレでハバナの夜に乾杯した。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.24
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1145-f7805b1d