★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
シェフと素顔と、おいしい時間 2002年 フランス
監督:ダニエル・トンプソン
音楽:エリック・セラ
主演:ジャン・レノ、ジュリエット・ビノシュ



(あらすじ)
恋人から逃げようと急いでいるメイキャップ・アーティストの
ローズ(ジュリエット・ビノシュ)と、元有名シェフのフェリックス(ジャン・レノ)は、
それぞれの事情でパリの空港、シャルル・ド・ゴール空港で足止めをくらっていた。
ローズが携帯電話を借りようと声をかけたことで、フェリックスと言葉を
交わすようになる。



飛行機が欠航になり、空港のベンチで眠るはずのローズ(ジュリエット・ビノシュ)
だったが、ヒルトンホテルに泊まることになった。

ルームサービスでフェリックス(ジャン・レノ)は、
トマトサラダ、ハム、皮がパリパリのパンを注文する。

ローズは、ピスタチオ風味ウサギのテリーヌ、ピーマンのムース、アンディーヴ、
クルミ、ロックフォールを頼んだけど・・・

ワインは、カロン・セギュールの96年。

カロン・セギュール

せっかくのご馳走が台無しになるほど、この2人は少し相性が悪い。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.22
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1140-fc48e9d6
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。