★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

食べて、祈って、恋をして 2010年 アメリカ
監督:ライアン・マーフィー
原作:エリザベス・ギルバート
主演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、ジェームズ・フランコ



(あらすじ)
ニューヨークで活躍するジャーナリスト、リズ(ジュリア・ロバーツ)は、
仕事も彼も捨ててイタリア、インド、バリ島へ、本当の自分を探しに
1年間の旅に出る。
自伝的小説の映画化。



離婚して失恋したリズ(ジュリア・ロバーツ)は、自分を見つめなおす旅へ出る。

まずはイタリアへ、食べまくりの旅。

赤ワインを飲みながらのトマトソーススパゲッティ。

トマトソーススパゲッティ

リズはバジルをよけてたけど、嫌いなのかな? それとも最後に食べたのかな?

ローマで仲良くなった人たちとレストランへ行き、リズが注文したものはコレ。

炒めたアーティチョーク、生ハムとメロン、ナスと燻製リコッタ、カルボナーラ、
兎のラグーのパッパルデッレ、貝のリングイーネ、ローマ風トリッパ、仔牛のソテー。

そしてお酒は、ジェンザーノのハウスワイン。

イタリアを満喫した後は、インドの修行道場へ行ってヨガと瞑想の旅。

最後に行ったのは恋の旅、インドネシアのバリ島へ。

夜のビーチパーティーでリズが飲んだのは、
ライムをたっぷり入れたテキーラのロック。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.17
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1126-07a3b3a0