★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
スパニッシュ・アパートメント 2002年 フランス/スペイン
監督、脚本:セドリック・クラピッシュ
主演:ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、ジュディット・ゴドレーシュ



(あらすじ)
フランスからバルセロナの経済学大学院へ留学したグザヴィエ(ロマン・デュリス)。
バルセロナのアパートで、ヨーロッパ中から集まった国籍も性別も違う学生たちと
ルームシェアをすることになった。



グザヴィエ(ロマン・デュリス)が、留学先のスペインのBARで
ビール「サン・ミゲル(San Miguel)」を飲みながら勉強していると店員が声をかけてきた。

店員 「勉強し過ぎだよ、何かおごるよ。チュピートでも飲むか?」

グザ 「チュピートって何?」

店員 「国はどこだ?」

グザ 「フランスだけど」

店員 「フランスなら、エラスムス?」

グザ 「そう」

チュピート(Chupito)は、スペインの食後酒で消化を助け胃を洗浄してくれるらしい。

アルコール度数が高いリキュールなので小さいグラスでちびりとやるぐらいだけど
お店や各家庭によってそれぞれ違うので種類が豊富。

リキュールの種類はコーヒー、フルーツ、ハーブ、ナッツ、ミルクなどカラフルで、
レモンが添えてあったり、クリームやチョコレートが添えてあったり。

美味しく造って客に振る舞い、原料は秘密という家庭もあるんだとか。


ところで、グザヴィエが、父親の古い友人に飲ませてもらった、
最高のスコッチだという「ダブル・モルトのドノヒューグ」が謎。

調べてもわからない・・・ ドノヒューグの訳がおかしいのかな。

スコッチの中で、ドノヒューグに聞こえなくもないかなという候補をひとつ。

ジョージ・ブッシュ大統領がホワイトハウスのパーティーで
必ず振る舞われていたという、ブナハーブン(Bunnahabhain)。  違うか。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.09
TrackBackURL
→http://iicosme.blog79.fc2.com/tb.php/1111-154e8642
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。