★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
アパートの鍵貸します 1960年 アメリカ
監督:ビリー・ワイルダー
製作、脚本:ビリー・ワイルダー/ I・A・L・ダイアモンド
主演:ジャック・レモン、シャーリー・マクレーン



(あらすじ)
ニューヨークの保険会社に勤める会社員バド(ジャック・レモン)は、
出世を望むあまり、4人の上役の情事のために自分のアパートを貸している。
そんなバドは、同じ会社のエレベーターガール、フラン・キューブリック
(シャーリー・マクレーン)にひそかに思いを寄せていた。
サラリーマンの悲哀と恋物語。 傑作です。



パド(ジャック・レモン)とフラン(シャーリー・マクレーン)は、
マジェスティック劇場で夜8時半に会う約束をした。

劇場では、1957年初演の人気ブロードウェイ・ミュージカル、
「ミュージック・マン(主演ロバート・プレストン)」が8時半から開演される。

開演までの間フランは、中華料理店「RICKSHAW(Cantonese)」で、
フローズン・ダイキリを飲みながら既婚男性と別れ話を。

ところが不倫解消とはならず仲直りしちゃって、
劇場の前には約束をすっぽかされた男、バドが独り・・・


で、クリスマスの夜も寂しいバドは、BARで静かにマティーニを飲み、
1杯飲むごとに1本、オリーブの刺さったピンをカウンターに円く並べていく・・・

オリーブが7本並んだ頃、ラム・コリンズ好きの女性に声をかけられた。


BARを出る頃には、12~3本のオリーブでびっちり円が描かれた。

このBARの棚には、カナディアン・ウイスキーの「LORD CALVERT」や
ドランブイ(DRAMBUIE)などが並ぶ。
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.09.25
ムッソリーニとお茶を 1998年 イタリア/アメリカ
監督:フランコ・ゼフィレッリ
主演:シェール、ジュディ・デンチ、ジョーン・プラウライト、マギー・スミス



(あらすじ)
1935年、イタリア・フィレンツェに英国貴夫人のグループがあった。
その中のひとりメアリー(ジョーン・プラウライト)は、
孤児の少年ルカの養育を頼まれる。
(少年ルカ役俳優はチャーリー・ルーカス、青年ルカ役俳優はベアード・ウォレス)
メアリーは、元大使の未亡人レディー・レスター(マギー・スミス)を筆頭に、
芸術家アラベラ(ジュディ・デンチ)達の協力を得て、
愛と芸術の素晴らしさを教育する。
ルカは、玉の輿にのる富豪のエルサ(シェール)や
考古学者ジョージ(リリー・トムリン)など米国人女性からも多くのことを学ぶ。
監督フランコ・ゼフィレッリこそがルカであり、これは彼の半自伝映画。



フィレンツェに住むイギリスの上流階級の貴婦人グループのひとり、
芸術家のアラベラ(ジュディ・デンチ)はこう言った。

「イタリアの芸術はフィレンツェの空気のように温かいわ
 フィレンツェのワインをたっぷり飲んで、
 ボッティチェッリとミケランジェロに身も心も温めてもらったの」

フィレンツェ


彼女たちはウフィッツィ美術館で、サンドロ・ボッティチェッリの
「春(プリマヴェーラ)」など名画に囲まれて優雅なティータイム。

プリマヴェーラとヴィーナス誕生


写真はウフィッツィ美術館の中から望むヴェッキオ橋。
(館内は撮影NGだったけど、窓の外だけ撮影を許されました)

ウフィッツィ美術館の中から望むヴェッキオ橋


しかし、戦争が始まり、彼女たちはサン・ジミニャーノの町へ連行されてしまう。

アラベラは、サン・ジミニャーノのドゥオーモにあるフレスコ画
「聖女フィーナの葬儀(ドメニコ・ギルランダイオ)」を命がけで守ろうとした。

絵の前に砂袋を積み上げても心配なアラベラは「ワインでも飲みなさい」と言われ、
フィアスコボトルの赤ワイン(Chianti)をティーカップに注ぐ。

両手でカップを包むようにして、ワインで心を温め祈るアラベラ。

「無事でありますように 平和が戻るまで安らかに眠って 聖フィナ」と。

                                                          Comment:1 TrackBack:0       2015.09.01
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。