★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
カサブランカ 1942年 アメリカ
監督:マイケル・カーティス
主演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン



(あらすじ)
第二次大戦の勃発で、フランス領モロッコのカサブランカは、
ドイツの侵略を恐れてフランスから逃れてきた者達のたまり場となっていた。
カサブランカでリック・ブレイン(ハンフリー・ボガート)が経営するBARに、
かつての恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)が現れる。



カサブランカでリックが経営するナイト・クラブ「Rick's Café Américain」で、
リック(ハンフリー・ボガート)とイルザ(イングリッド・バーグマン)が再会。

パリにいた頃、ピアニストのサム(ドーリー・ウィルソン)が弾いてくれた曲、
「時の過ぎ行くままに(As Time Goes By)」をリクエストし、甘い日々を思い出す。

凱旋門のあるシャンゼリゼ通りから郊外へドライブしたり、
エッフェル塔を望むセーヌ川に浮かぶ船で戯れたり、ダンスをしたり・・・

イルザが飾った花瓶のある部屋のソファでくつろぎながら2人はシャンペン
「G.H.マム・コルドン・ルージュ(G.H.MUMM CORDON ROUGE)」で乾杯。

ここで、名セリフであり、名訳セリフが登場する。

「君の瞳に乾杯 (Here's looking at you, kid)」


パリで過ごした最後の日は、哀しい思い出に変わってしまったが、
その時一緒に飲んだシャンペンも思い出のひとつ。

パリでリックが経営してたレストラン「オーロラ(LA BELLE AURORE)」にある、
アップライトピアノの天板の上にシャンペングラスを3脚。

サムが「時の過ぎ行くままに」を弾き語り、
リックがシャンペン「G.H.マム・コルドン・ルージュ」を注ぐ。

シャンペンこぼすよって言いたくなるほど、
グラスに注ぎながらバーグマンの瞳を見つめるボギー。

ドイツ軍の大砲の音が心臓の音のように鳴り響き、徐々にパリへ迫る中、
リック、イルザ、サムの3人はシャンペンで乾杯した。

「君の瞳に乾杯 (Here's looking at you, kid)」


※リックは「君の瞳に乾杯」と、この映画の中で4回言います。
 3回めはイルザが「代わりに皆の分も考えて」と言った時で、4回めはラストシーン。

※「G.H.マム・コルドン・ルージュ」のラベルは、
  斜めにかかる赤いリボン上に「CORDON ROUGE」と書かれているもの。
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.01.31
カサブランカ 1942年 アメリカ
監督:マイケル・カーティス
主演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン



(あらすじ)
第二次大戦の勃発で、フランス領モロッコのカサブランカは、
ドイツの侵略を恐れてフランスから逃れてきた者達のたまり場となっていた。
カサブランカでリック・ブレイン(ハンフリー・ボガート)が経営するBARに、
かつての恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)が現れる。



リックの店へ、ドイツ人のシュトラッサー少佐(コンラート・ファイト)が
やって来てシャンペンとキャヴィアを注文する。

すると、同席していたフランス人のルノー署長(クロード・レインズ)が、
「この店には、ヴーヴ・クリコの26年があります」と誇らしげ。

ヴーヴ・クリコ

少佐は、キャビアをスプーンですくっていったん小皿にのせ、
クラッカーの上にキャビアをのせて、少しずつ何度も口へ運んでいた。

そこへ、地下運動の大物ヴィクター・ラズロ(ポール・ヘンリード)が、
イルザ(イングリッド・バーグマン)とともに入店。

ラズロはコアントローを注文し、ウエイターが2脚のコアントローを持って来るが、
ルノー署長が制止し「極上のシャンペンをお出しして、俺の付けで」と。

この極上のシャンペンというのも、ルノー署長ご自慢のヴーヴ・クリコかな?

その後、イルザをテーブルに残し、ラズロは仲間の待つカウンターへ行き、
シャンペン・カクテルを飲みながらひそひそ話。

シャンペン・カクテルは、アンゴスチュラ・ビターズとブランデーで浸した角砂糖を
シャンペングラスに入れてから、シャンペンをゆっくり注ぐ。

角砂糖からしゅわしゅわ~っと泡が立って綺麗。

ちなみに、リックの店でドイツ人達がドイツの歌を歌いながら飲んでいたのは、
リックとイルザの思い出のシャンパンでもある、G.H.マム・コルドン・ルージュ。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.01.30
カサブランカ 1942年 アメリカ
監督:マイケル・カーティス
主演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン



(あらすじ)
第二次大戦の勃発で、フランス領モロッコのカサブランカは、
ドイツの侵略を恐れてフランスから逃れてきた者達のたまり場となっていた。
カサブランカでリック・ブレイン(ハンフリー・ボガート)が経営するBARに、
かつての恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)が現れる。



リックに相手にしてもらえなかったイヴォンヌ(マデリーン・ルボー)は、
あてつけのようにドイツ兵と腕を組みながらリックの店へ入ってきた。

イヴォンヌは、ちらりとリック(ハンフリー・ボガート)を見て通り過ぎ、
バーテンダーに「フレンチ75をずらっと並べて」と、はしゃいでみせる。

フレンチ75はフランスの勝利を祈って作られたカクテルで、
材料はシャンパン、ジン、レモンジュース、砂糖で、名前の由来は75口径の大砲。

BARカウンターでは他に、らせん状のレモンの皮が入った
ホーセズ・ネックのようなカクテルを楽しんでる客もいる。


リックの店には毎日様々な客がやって来るが、
初老のウエイター、カール(S・Z・サコール)の存在がいい。

カールは、とっておきの最高のコニャックを客に差し出した時、
ちゃっかりポケットから自分用のグラスを出して一緒に飲んだりしてるw


そして、リックの店でいつも歌ってるピアノ弾きのサム(ドーリー・ウィルソン)の
存在も忘れてはいけない。

リックとイルザの思い出の曲「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」も素敵だけど、
私が好きなサムの曲は、お客さんが皆で楽しそうにテーブルをトントントンと叩く曲。


♪お困りの人 お悩みの人 縁起直しにトントンと木をたたきましょう
  不幸な人 つらい人 気分直しにトントンと木をたたきましょう
  運のない人 ついてない人 つきを呼ぶようトントンと木をたたきましょう

  運のいい人 ついてる人 そんなら笑ってトントンと木をたたきましょう♪

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.01.29
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。