★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

タイタニック 1997年 アメリカ
監督、脚本:ジェームズ・キャメロン
主題歌:セリーヌ・ディオン 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」
主演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット



(あらすじ)
1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故をもとに描かれている。
三等船客の貧しい青年ジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオ)と、
上流階級の令嬢ローズ・デウィット・ブケイター(ケイト・ウィンスレット)の悲恋。



イギリスのサウサンプトンから出港したタイタニック号はシェルブールに寄港、
アイルランド沖から航路を西へ、行く手に広がるのは大海原。

新しいペンキのあの匂い、まっさらな食器類、おろしたてのシーツ、
タイタニック号は夢の豪華客船と呼ばれていた。

この船に、画家を目指す貧しい若者ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と、
上流階級の娘ローズ(ケイト・ウィンスレット)も乗っていた。

半強制で婚約させられ将来の希望を見失い、海に身を投げようとしたローズを
救ったジャックは、一等船客のディナーに招待される。

タキシードを借りて髪を整え、紳士に変身したジャックのグラスにも、
シャンパン「モエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル」が注がれた。

モエ・エ・シャンドン

ローズの母親から「根無し草の放浪生活で満足?」と蔑むような目で見られた
ジャックは、満足ですと応える。

「朝、目を覚ますとまた未知の1日が始まる。何が起こるかわからない。
 橋の下で眠ることもあれば、世界一の豪華客船でシャンパンを飲んでることも。
 人生は贈り物、ムダにはしたくない。毎日を大切に」と。

ローズはジャックに本物のパーティー、三等船客のパーティーに招待され、
皆で黒ビールを飲みながら、ハイヒールを脱ぎ捨てて踊った。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.03.02