★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス) 1995年 アメリカ
監督、脚本:リチャード・リンクレイター
主演:イーサン・ホーク、ジュリー・デルビー



(あらすじ)
ヨーロッパの長距離列車の中でたまたま隣合わせに座った若い2人。
アメリカ人学生ジェシー(イーサン・ホーク)と
フランス人学生セリーヌ(ジュリー・デルビー)。
意気投合した2人は翌日の朝まで、ウィーンの街を歩きまわる。



ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルビー)は、
大観覧車に乗ったり、占い師に会ったり、ウィーンの街を楽しむ。

すっかり夜になり、ギターの弾き語りが聞こえてくるクラブへ入ることに。

1人50シリングの入場料をジェシーが払ってくれたので、
セリーヌが「ビールをおごるわ」と。

瓶ビールを飲みながら、ピンボール対決。

表にはドイツのベックスビール(BECK'S BIER)の看板が掲げてあったけど
2人が飲んでた緑色の瓶にオレンジ色のラベルのビールの銘柄は何かな?

過去の恋愛話などもして、少しずつ互いのことを知り合っていった2人は、
芝生で寝そべりながら、赤ワインをグラスに注いで話し続けた。
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.03.01
ビフォア・サンセット 2004年 アメリカ
監督、脚本:リチャード・リンクレイター
主題歌:ニーナ・シモン「Just In Time」
主演、脚本:イーサン・ホーク、ジュリー・デルビー
※1995年アメリカ映画「恋人までの距離」の続編



(あらすじ)
9年前、ウィーンで一夜を過ごしたジェシー(イーサン・ホーク)と
セリーヌ(ジュリー・デルビー)が再会。
ジェシーの飛行機が出るまでの短い間、2人はパリの街を歩きながら語り合う。



作家になったジェシー(イーサン・ホーク)は、セリーヌ(ジュリー・デルビー)との
一夜を描いた小説「This Time」のプロモーションでパリの書店を訪れていた。

ジェシーが来ていると知ったセリーヌもその書店に現れ、9年ぶりに再会する。

9年前と同じように気の合う2人は、カフェへの道中もひたすらしゃべる。

フェルデブ通りの近く、ジャン・マセ通りの角にある赤いカフェ
「ル・ピュール・カフェ(LE PURE CAFE)」へ。

ジェシーはコーヒー、セリーヌはレモンジュース。

その後、セーヌ川の遊覧船(CANAUXRAMA)で、
「アンリ4世河岸駅」まで一駅だけ、観光客を真似て乗船することにした。

船からノートルダム大聖堂などを眺めながらも、2人はしゃべり続けた。

セリーヌが運転手に告げた自宅の住所は、プティ・エキュリー通り10番地。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.02.28
ビフォア・ミッドナイト 2013年 アメリカ
監督、脚本:リチャード・リンクレイター
エンディング曲:Haris Alexiou 「Gia Ena Tango」
主演、脚本:イーサン・ホーク、ジュリー・デルビー
※1995年アメリカ映画「ビフォア・サンライズ恋人までの距離」の続々編(3作目)



(あらすじ)
ウィーンでの出会いから18年、パリでの再会から9年、
ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルビー)はパリで家庭を築き、
バカンスで南ギリシャを訪れていた。



南ギリシャの海辺の別荘に招待されバカンスに訪れていた、
ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)

別荘で6週間ともに過ごした友人が、今夜は2人っきりで過ごせるようにと
娘達を預かってくれる上に、ホテルをプレゼントしてくれた。

別荘からホテルまで2人で歩く道すがら、セリーヌがこう言う。

「10代の頃に見た、50年代のモノクロ映画を思い出しちゃう。
 一組のカップルがポンペイの遺跡を歩いて大昔の遺体を見て回るの。
 愛するもの同士が抱き合って眠ったままの亡骸とか」

これはまさにイングリッド・バーグマン主演の映画、
「イタリア旅行(1953イタリア/フランス)」ですね。懐かしい。

ジェシーとセリーヌは、初めて出逢った18年前のあの日のように、
ひたすらしゃべり続ける。

途中、視力の守護聖人・聖オディリアの聖堂で、世界中から目の不自由な人が
訪れるという千年前のビザンチン時代の教会に寄ったりもしながら、ホテルへ到着。

部屋には、友人からワインのプレゼントも。

ラベルに大きな文字で「182」と書かれた赤ワイン。

オレンジ色の1の横に緑色の8、1の下に2。 ギリシャのワインかなぁ?


ロケ地になった美しい海辺の街は、ギリシャの南ペロポネソス半島にある
メッシニア県周辺の村々で、冒頭はカラマタ空港。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.02.27
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。