★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
セント・オブ・ウーマン/夢の香り 1992年 アメリカ
監督:マーティン・ブレスト
原作:ジョヴァンニ・アルピーノ
主演:アル・パチーノ、クリス・オドネル



(あらすじ)
全寮制名門高校の男子生徒チャーリー(クリス・オドネル)が休暇中のアルバイトで
全盲の元陸軍中佐フランク(アル・パチーノ)の世話をすることに。
頑固なフランクの言動に戸惑いながらも心優しいチャーリーは行動を共にする。



フランク(アル・パチーノ)の自室には、J&Bやジョニーウォーカー赤ラベルなど
ボトルが4本並んでいるが、チャーリー(クリス・オドネル)との初対面の時に
飲んでいたのはジャック・ダニエル。

ジャック・ダニエル

盲目のフランクは手探りだが慣れた手つきでジャック・ダニエルを
ロック・グラスに注ぎ、ソファの肘掛に置きながら何杯も飲んでいる。

そして、飛行機のファーストクラスで飲んでいたのもジャック・ダニエルで、
客室乗務員がタンブラーを3つ運んできた。

ジャック・ダニエル、ダイエット・コーク、水がそれぞれ入っている3つのグラスが
テーブルに置かれ、フランクは順に飲んでいって「酒をもう1杯」と。

ニューヨークに到着し、高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア・ホテル」へ。

部屋に入るとミニBARに並んでいるミニチュアボトルの銘柄をチェック。

ジム・ビーム、アーリー・タイムズ・・・

フランク 「ミニボトルを取っ払って、ジョン・ダニエルをずらっと並べろ」

チャーリー 「えっ? ジャック・ダニエルでは?」

フランク 「俺は付き合いが古いから、ジョンでいいのさ」
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.01.25
セント・オブ・ウーマン/夢の香り 1992年 アメリカ
監督:マーティン・ブレスト
原作:ジョヴァンニ・アルピーノ
主演:アル・パチーノ、クリス・オドネル



(あらすじ)
全寮制名門高校の男子生徒チャーリー(クリス・オドネル)が休暇中のアルバイトで
全盲の元陸軍中佐フランク(アル・パチーノ)の世話をすることに。
頑固なフランクの言動に戸惑いながらも心優しいチャーリーは行動を共にする。



ニューヨークで、フランク(アル・パチーノ)とチャーリー(クリス・オドネル)が
入った店は、白いグランドピアノやバイオリンの楽団が演奏する音楽が流れ、
楕円形のダンスフロアがある華やかなレストラン。

フランクは、ジャック・ダニエルのオン・ザ・ロックをダブルで。

ジャック・ダニエル


未成年のチャリーには、ノンアルコールカクテル「シャーリー・テンプル」を
注文するが、チャーリーはビールが飲みたいと。

フランクが指銘したビールはシュリッツ(Schlitz)だがここにはなく、
ブラッツ(Blatz)もない・・・ ウエイターのセンスに任せた。

どこからか、オグルビーシスターの石鹸(Ogleby Sisters Soap)の香りが漂い、
香りの先には美しい女性ドナ(ガブリエル・アンウォー)が一人座っている。

フランクはドナを誘ってタンゴを踊り、楽しい時を過ごす。

翌日は、真っ赤なフェラーリ「カブリオレットT(Ferrari Mondial T Cabriolet)」を
猛スピードで乗り回した。 盲目なのにすごい運転・・・


※初めに試乗交渉をしたのは黄色いフェラーリ、テスタロッサ(Ferrari Testarossa)
※オグルビーシスターズは、自然原料のハンドメイドのアメリカにある石鹸メーカー

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.01.24
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。