★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

フェイク 1997年 アメリカ
監督:マイク・ニューウェル
原作:ジョセフ・D/ピストーネの自叙伝「フェイク‐マフィアをはめた男」
主演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ、マイケル・マドセン



(あらすじ)
マフィア一家に偽名で6年間潜入し、大量摘発に貢献したFBI特別捜査官の実話。
FBI囮捜査官ジョー・ピストーネ(ジョニー・デップ)は、
マフィアの一員であるレフティー(アル・パチーノ)との接触の機会を得た。
ジョーは、ドニーという偽名でマフィア一家と親密な関係を築いていく。



マフィアのレフティー(アル・パチーノ)が愛飲してるお酒は、スプリッツァー。

一般的にスプリッツァーは、白ワインとソーダのカクテルなのでほぼ透明だけど、
レフティーが飲んでたのは少しゴールドがかってた。

最近よく耳にする、ブランデースプリッツァーの色と似てるけど?

もしかしたら、ドイツの甘口ワインのスプリッツァーかな?

いずれにしても、マフィアがスプリッツァーって可愛いすぎw

アフィアのイメージは、リキュールとかウイスキーとか強いお酒だけど、
実際、酔ってたらちゃんと仕事できないしスプリッツァーの方がいいかも。

ゴクゴクっと飲んで喉の渇きを癒し、ほんの少しのアルコールで心を癒す・・・

マフィアって、色んな意味でめちゃめちゃしんどいだろうなぁ~

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.01.23