★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
カクテル 1988年 アメリカ
監督:ロジャー・ドナルドソン
原作、脚本:ヘイウッド・グールド
主演:トム・クルーズ、ブライアン・ブラウン、エリザベス・シュー



(あらすじ)
ブライアン(トム・クルーズ)は一攫千金を夢見てニューヨークへ降り立つが、
就職活動は難航し、大学でビジネスを学びながらバーテンダーの
アルバイトを始める。
そこで、バーのオーナー、ダグ(ブライアン・ブラウン)と意気投合し、
派手なバーテティングで一躍有名人になる。



フレアバーテンダーになったブライアン(トム・クルーズ)は、
カウンターの上に立ち、大勢の客の前で熱唱。

「私は世界最後のバーテンダー詩人だ。 アメリカが僕の作るカクテルを飲む。
 アメリカが僕の美酒に酔う。

 セックス・オン・ザ・ビーチ、ピーチ・シュナップス、アラバマ・スラマー、
 ピンク・スクワール、スリートウド・スロー、アイス・ティーにカミカゼ、
 デス・スパズム、シンガポール・スリング、ディンガリン

 僕の作る酒にアメリカがひれ伏す。 もし酔いたければ注文をお聞きしよう。
 さあ飲んで」

このバーテンダー詩人が手に持っていたのは、ジム・ビーム。

ジム・ビーム

映画「カクテル」では、他にもお酒がいっぱい登場する。

ビール、レッド・アイ、ウォッカ・マティーニ、ウォッカローズ、
ハーベイ・ウォルバンガー、ルベット・ハンマー、モルソン、キューバ・リブレ、
ジム・ビーム、オーガズム、エンジェル・ディップ、白ワイン、ピンク・スクワレル、
ダーティー・マザー、マティーニ、ブランデー、ターコイズ・ブルー、
スクリュー・ドライバー、シャンパン、フローズン・ダイキリ、
ジュダムール、ルイ13世・・・
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.10.10
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。