★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
太陽がいっぱい 1960年 イタリア/フランス
監督:ルネ・クレマン
原作:パトリシア・ハイスミス
主演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ

太陽がいっぱい [DVD]



(あらすじ)
貧しい若者トム・リプリー(アラン・ドロン)は、
悪友フィリップ・グリンリーフ(モーリス・ロネ)の父親から、
「イタリアで遊び回ってる息子をアメリカへ連れ戻してほしい」と頼まれた。
トムはイタリアへ飛んだがフィリップは応じず、行動を共にする。
不朽の名作。



太陽がいっぱいは、映画よりも原作の方がお酒のシーンが多い。

トム・リプリーとフィリップが、ヨットでカプリ島へ行った時には、
カフェで、イタリア産リキュール「フェルネ・ブランカ」を飲んだ。

夜のローマで遊んでそのまま公園で寝てしまった時の翌朝は、
カフェでイタリアのブランデーを。 ・・・これはひどい代物だったらしい。

そして、ナポリへ帰ってシャワーを浴びて寝て、目が覚めた時には、
ウォッカとトマトジュースの「ブラッディー・マリー」をフィリップが作ってくれた。

死体を運ぶ時に尻込みしないで大胆な行動がとれるようにと、
ジンとペルノーを飲んでおいた。  ・・・などなど

さらに、マティーニとワインは、昼食の時も昼食後もいつでも飲んでるし。

他にも、ジン・トニック、スコッチ・アンド・ソーダ、最高級のブランデー、
クレーム・ド・マント・フラッペ、メドック、キャンティ、フラスカティ・ワイン、
ギルビー・ジン、トムコリンズ、グラッパ・・・

映画のラストシーン、海辺で「最高の飲み物を」と注文すると
ショットグラスに入った琥珀色の酒が出てきて、トムはおいしそうに飲んだ。
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.11
・タイトルバック
 ヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂
 ※なぜか反転写真だったので、この写真も反転しておきました
 ヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂

 サン・ピエトロ広場のオベリスク
 サン・ピエトロ広場のオベリスク

 フォリ・インペリアリ通り(記念堂→フォロロマーノ→コロッセオへの道)

 ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂
 ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂

 フォロロマーノ
 フォロロマーノ

 コロッセオ
 コロッセオ

 スペイン階段とトリニタ・デイ・モンティ教会
 スペイン階段とトリニタ・デイ・モンティ教会


・トムとフィリップが座っていたカフェ
 ヴェネト通りにある「カフェ・ド・パリ」※未確認です・・・

・トムとフィリップが杖を買い、女性と会った所
 ポポロ広場の「RISTORANTE DAL BOLOGNESE」の前
 サンタ・マリア・ディ・モンテサント教会とサンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会の前

・マージュが滞在しているモンジベロ(架空の地名)
 イスキア島

・トムがモンジベロで滞在しているホテル・ミラマーレ(MIRAMARE)
 フィリップの船を係留してる桟橋の近く

・マージュがヨットから降りる所
 プロチダ島

・リプレーの名前で滞在したローマのホテル・パラディゾ(ALBERGO PARADISO)
 トラヤヌス市場の近く
 サンティッシモ・ノーメディ・マリア・アルフォロ・トライアノ教会の近く
 トラヤヌス


・トムが映写機を買ったカメラ屋
 パンテオンの前
 パンテオン


・フィリップ・グリンリーフの名前で滞在したホテル・エクセルシオール
 ヴェネト通りにある「ザ・ウェスティン・エクセルシオール(EXCELSIOR)」

・ナポリでマージュとトムが歩いていた海沿いの道から見えた赤い建物と山
 ナポリ港の赤い建物
ナポリ港の赤い建物

 ベスビオ火山
 ベスビオ火山


・マージュが手紙を書いていたカフェ
 ナポリのカプアーナ門、サンタ・カテリーナ・ア・フォルミエッロ教会の前

・マージュが手紙を書いてる間にトムが散歩した魚市場
 ナポリのカプアーナ門辺りの市場

・マージュがローマで滞在しているホテル・ミネルバ
 グランド・デ・ラ・ミネルバ・ホテル(GRAND HOTEL DE LA MINERVE)

・ローマでトムが借りた部屋
 サボイア街90番

・モンジベロでのお祭りと花火
 イスキア島のアラゴン城

・ラストシーン
 イスキア島のサンタンジェロビーチ

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.11
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。