★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                                                                --.--.--
素晴らしき哉、人生! 1946年 アメリカ
監督、脚本:フランク・キャプラ
原作:フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン
主演:ジェームズ・スチュワート、ドナ・リード、ヘンリー・トラヴァース



(あらすじ)
家庭にも恵まれ、真面目に働いていたジョージ(ジェームズ・スチュワート)に、
不運なことが起こってしまう。
クリスマスの晩に自殺を図ろうとしたジョージのところへ
落ちこぼれの老天使クラレンス(ヘンリー・トラヴァース)が現れる。



まだ翼をもらえない老天使のクラレンス(ヘンリー・トラヴァース)と
人生に絶望したジョージ(ジェームズ・スチュワート)は、酒場へ行った。

ジョージ 「バーボンをダブルで」

天使 「何がいいかな・・・燃えるようなラム・パンチを。
    いや、ホットワインだ。シナモンをたっぷりな。体にいい」

するとマスターに、ここは強い酒をガンガンあおりにくる店だと言われてしまい、
天使の注文は断られてしまった。


天使にホットワインを飲ませてあげてほしかったなぁ。
スポンサーサイト

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.01
素晴らしき哉、人生! 1946年 アメリカ
監督、脚本:フランク・キャプラ
原作:フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン
主演:ジェームズ・スチュワート、ドナ・リード、ヘンリー・トラヴァース



(あらすじ)
家庭にも恵まれ、真面目に働いていたジョージ(ジェームズ・スチュワート)に、
不運なことが起こってしまう。
クリスマスの晩に自殺を図ろうとしたジョージのところへ
落ちこぼれの老天使クラレンス(ヘンリー・トラヴァース)が現れる。



ジョージ(ジェームズ・スチュワート)とメアリー(ドナ・リード)夫妻は、
新居に越して来た家族にパンと塩とワインをプレゼントした。

パンは、飢えることのないように・・・

塩は、生活の味つけに・・・

ワインは、喜びと幸運のために・・・という言葉を添えて。


ワインって、喜びと幸運をもたらしてくれるんですね。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2014.09.01
                                                           
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。