★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

フレンチ・キス 1995年 アメリカ

監督:ローレンス・カスダン
出演:メグ・ライアン、ケヴィン・クライン




(あらすじ)
マイホームを夢見る婚約中のケイト(メグ・ライアン)は、
突然婚約者のチャーリー(ティモシー・ハットン)から別れを告げられる。
納得のいかないケイトは、カナダからチャーリーのいるパリへ向かうが、
飛行機の中でリュック(ケヴィン・クライン)と出会い・・・



ケイト(メグ・ライアン)は、婚約者から突然電話でこう告げられる。

「詩に詠まれるような 映画に出てくるような 本当の恋をしたんだ
 ごめんよ 本当にごめん」

彼は、パリで出会った女性と瞬く間に恋に落ちたらしい。


ケイトは彼を奪回するべく、パリのジョルジュ・サンクホテルへ向かうため、
AIR CANADAでカナダからフランスへ飛んだ。

飛行機で隣になったのは、ケイトが毛嫌いしているフランス人男性の
リュック(ケヴィン・クライン)

リュックは客室乗務員に「氷を入れたグラスを2つちょうだい」と言い、
ミニチュアボトルのお酒を何本もくすね、ポケットに詰め込んだ。

グラスに透明のお酒、ウォッカを入れてケイトにもすすめるリュック。

2人は空の上でお酒を飲みながら、喧嘩をしながら、
互いの初体験の話で盛り上がり、ケイトは酔っ払ってしまう。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2016.02.27
フレンチ・キス 1995年 アメリカ

監督:ローレンス・カスダン
出演:メグ・ライアン、ケヴィン・クライン




(あらすじ)
マイホームを夢見る婚約中のケイト(メグ・ライアン)は、
突然婚約者のチャーリー(ティモシー・ハットン)から別れを告げられる。
納得のいかないケイトは、カナダからチャーリーのいるパリへ向かうが、
飛行機の中でリュック(ケヴィン・クライン)と出会い・・・



ケイト(メグ・ライアン)とリュック(ケヴィン・クライン)は、
パリから列車で、カンヌのカールトンホテルへ向かうことに。

が、途中、ケイトがチーズを食べ過ぎて途中下車することになり、
2人が降りた駅は「LA RAVELLE」

偶然にもそこは、ぶどう畑が広がるリュックの故郷。

リュックがケイトを実家へ連れて行くと、
たくさんの赤ワインや白ワイン、チーズで歓迎される。

リュックは、ずっと昔に学校の自由研究で作ったという
小瓶のたくさん入った木箱を見せながら、ケイトに赤ワインを飲ませた。

リュックが「そのワインの味を言葉にできる?」と言うが、ケイトには難しい。

次にリュックが、小瓶を1本ずつケイトの鼻に近づけると、
「ローズマリーの香りね、次はマッシュルーム」

それは香りの小瓶で、すぐり、カシス、ミント、ラベンダーなど色々・・・

小瓶で香りを感じたケイトが、もう一度ワインを飲むと、
「すぐりの味がわかる それからラベンダーも」

その箱は、香りのトレーニングができる「香りの木箱」でした。


無事にカンヌのカールトンホテルに到着し、
ビーチでケイトが飲んでいたのは、シーブリーズというカクテル。

材料はウォッカ、クランベリー・ジュース、グレープフルーツ・ジュースで、
「海のそよ風、潮風」という意味の爽やかなカクテル。

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2016.02.27