★好きな映画限定★ 映画のお酒のシーン&映画のロケ地めぐり

風にそよぐ草 2009年 フランス

監督:アラン・レネ
原作:クリスチャン・ガイイ「風にそよぐ草」
主演:アンドレ・デュソリエ、サビーヌ・アゼマ



(あらすじ)
パリ郊外、オー・ド・セーヌ県に住む女歯科医のマルグリット(サビーヌ・アゼマ)は
ひったくりに遭い、財布の入ったバッグを奪われる。
そしてお金が抜かれた財布を拾ったのは、初老のジョルジュ(アンドレ・デュソリエ)。
財布に入っていた自家用機操縦免許証のマルグリッドの写真を見た彼は、
彼女に惹かれてしまう。



パリ郊外に住むジョルジュ(アンドレ・デュソリエ)のキッチンの棚にあるお酒は・・・

スコッチ・ウイスキーの「ノッカンドゥ(KNOCKANDO)18年」
アイリッシュ・ウイスキーの「パディ(PADDY)」
パスティスの「デュバル(DUVAL)」

そして、ジャパニーズ・ウイスキーの「宮城峡10年」

宮城峡は、竹鶴政孝創業「ニッカ・ウヰスキー」のシングル・モルトで、
仙台の西にある清流、緑の渓谷に囲まれた蒸留所で造られてます。

宮城峡


パリ郊外のお洒落な家に、日本語ラベルのウイスキーがあるなんて、
さすが、世界5大ウイスキーのひとつだけありますね。


もう1つ、お酒のシーンがあって、
ジョルジュの娘夫婦が帰省した時にシャンパンを開けていました。

そのシャンパンは、ボランジェ(BOLLINGER)


それと映画の中で観ていた映画のタイトルもメモ。

ジョルジュが夜中に13区の映画館で見てた昔の戦争映画は、
朝鮮戦争での米軍パイロットの話で「トコリの橋(LES PONTS DE TOKO-RI)」

                                                          Comment:0 TrackBack:0       2015.11.26